仕訳例集個人(一般)編

現金や預金に関する仕訳(個人/一般)

普通預金から現金を引き出した
普通預金から現金30,000円を引き出し、現金を補充した。
現金 30,000 普通預金 30,000
現金を普通預金に預け入れた
現金100,000円を普通預金に預け入れた。
普通預金 100,000 現金 100,000
普通預金に利息が付いた
普通預金に利息が5,000円ついた。なお、利息のうち20%は源泉所得税として控除された。
普通預金 4,000 事業主借 4,000
普通預金を定期預金に振り替えた
普通預金1,000,000円を定期預金に振り替えた。
定期預金 1,000,000 普通預金 1,000,000
現金を定期預金に預け入れた
現金500,000円を定期預金に預け入れた。
定期預金 500,000 現金 500,000
定期預金が満期になった
定期預金500,000円が満期となり、利息15,000円(源泉所得税20%控除済み)とともに、当座預金に入金した。
当座預金 515,000 定期預金 500,000
事業主借 15,000
商品を現金で販売した
商品10,000円を現金で販売した。
現金 10,000 売上 10,000
現金売上の代金を銀行へ預けた
現金売上の代金50,000円をそのまま当座預金に預けた。
当座預金 50,000 売上 50,000
銀行へそのまま預けれた場合、現金勘定で処理する必要はありません。
売掛金を小切手で受け取り、普通預金に入金した
売掛金200,000円を小切手で受け取り、普通預金に入金した。
普通預金 200,000 売掛金 200,000
売掛金が入金された
売掛金100,000円が振込手数料400円が差し引かれ当座預金に入金された。
当座預金 99,600 売掛金 100,000
支払手数料 400
出張の精算を行った
出張の電車賃10,000円と日当3,000円を現金で支払った。
旅費交通費 13,000 現金 13,000
得意先の旅費を立て替えた
得意先の旅費40,000円を立て替えた。
立替金 40,000 現金 40,000
後日、上記の立替金を受け取った
後日、上記の立替金を現金で受け取った。
現金 40,000 立替金 40,000
切手と収入印紙を購入した
切手8,000円と収入印紙10,000円を現金で購入した。
通信費 8,000 現金 18,000
租税公課 10,000    
電話料金が引き落とされた
普通預金から電話料金30,000円が引き落とされた。
通信費 30,000 普通預金 30,000
電気代、ガス代が引き落とされた
普通預金から電気代10,000円、ガス代10,000円が引き落とされた。
水道光熱費 20,000 普通預金 20,000
事業資金が不足したため、事業主が出資した
事業資金が不足したため、事業主が500,000円出資した。
現金 500,000 事業主借 500,000
事業主が資金を個人使用のため持ち出した
事業主が事業資金500,000円を個人使用のため持ち出した。
事業主貸 500,000 現金 500,000

商品の売上、回収に関する仕訳(個人/一般)

商品を現金で売り上げた
商品5,000円を現金で売り上げた。
現金 5,000 売上高 5,000
商品を掛で売り上げた
商品30,000円を掛で売り上げた。
売掛金 30,000 売上 30,000
商品をクレジットカードで売り上げた
商品30,000円をクレジットカードで売り上げた。
売掛金 30,000 売上 30,000
商品が一部破損していたため、値引きした
掛で販売した商品が一部破損していたため、5,000円値引きした。
売上 5,000 売掛金 5,000
商品の販売にあたり、手付金を受け取った
商品300,000円の販売にあたり、手付金100,000円を現金で受け取った。
現金 100,000 前受金 100,000
上記の商品を販売した
上記の商品300,000円を掛で販売した。
売掛金 200,000 売上 300,000
前受金 100,000    
返品を受け、着払運賃を支払った
商品5,000円の返品を受け、着払運賃1,000円を現金で支払った。
売上高 5,000 売掛金 5,000
荷造運賃 1,000 現金 1,000
売掛金が振り込まれた
支払日に売掛残高200,000円に対し、199,600円が当座預金に振り込まれた。なお振込手数料は当社負担である。
当座預金 199,600 売掛金 200,000
支払手数料 400    
売掛金が貸倒れになった
B社の売掛金150,000円が貸倒れになった。
貸倒金 150,000 売掛金 150,000
売掛金が貸倒れになった(貸倒引当金設定済み)
B社の売掛金150,000円が貸倒れになった。B社に対して貸倒引当金50,000円が設定されている。
貸倒金 150,000 売掛金 150,000

商品の仕入、支払に関する仕訳(個人/一般)

商品を現金で仕入れた
商品100,000円を現金で仕入れた。
仕入金額 100,000 現金 100,000
商品を掛で仕入れた
商品150,000円を掛で仕入れた。
仕入金額 150,000 買掛金 150,000
商品を掛で仕入れ、引取運賃は現金で支払った
商品200,000円を掛で仕入れ、引取運賃2,000円は現金で支払った。
仕入金額 202,000 買掛金 200,000
    現金 2,000
仕入れた商品の一部が品違いのため返品した
仕入れた商品のうち30,000円が品違いであったため返品した。また、その際先方負担の返送料1,000円を現金で支払った。
買掛金 31,000 仕入金額 30,000
    現金 1,000
仕入れた商品に破損があったため、値引きを受けた
掛で仕入れた商品に破損があったため、値引き10,000円を受けた。
買掛金 10,000 仕入金額 10,000
掛代金を銀行振込で支払った
商品の掛代金100,000円を当座預金から支払った。なお、振込手数料400円は相手先負担である。
買掛金 100,000 当座預金 100,000
商品を注文し、代金の一部を支払った
商品を注文し、代金の一部1,000,000円を手形で支払った。
前払金 1,000,000 支払手形 1,000,000
上記の商品を受け入れ、残額を支払った
商品2,000,000円を受け入れ、残額1,000,000円を支払手形で支払った。
仕入金額 200,000 前払金 1,000,000
    支払手形 1,000,000
期末に商品の棚卸を行った
期末に棚卸を行い、商品の在庫が200,000円あった。期首の商品在庫は180,000円あった。
期首商品棚卸高 180,000 商品 180,000
商品 200,000 期末商品棚卸高 200,000
期末に製品の棚卸を行った
期末に棚卸を行い、製品の在庫が200,000円あった。期首の製品在庫は180,000円あった。
期首製品棚卸高 180,000 製品 180,000
製品 200,000 期末製品棚卸高 200,000

給与、賞与に関する仕訳(個人/一般)

従業員に給与を支給した
従業員の給与50,000円を所得税50,000円、雇用保険料10,000円を控除して普通預金から支払った。
給料賃金 500,000 普通預金 440,000
    預り金(所得税) 50,000
    預り金(雇用保険) 10,000
従業員に賞与を支払った
従業員に賞与1,000,000円を預り金100,000円を控除して普通預金から支払った。
給料賃金 1,000,000 普通預金 900,000
    預り金 100,000
日給のアルバイトに給与を支給した
日給9,000円のアルバイトに給与を支給した。
給料賃金 9,000 現金 9,000
専従者給与を支給した
給与300,000円を所得税30,000円控除して現金で支払った(青色専従者のみ)。
専従者給与 300,000 現金 270,000
    預り金(所得税) 30,000
源泉所得税を納付した
従業員の給料の源泉所得税の預り金100,000円を小切手で納付した。
預り金 100,000 当座預金 100,000

金銭の貸借に関する仕訳(個人/一般)

銀行から資金を借り入れた
銀行から8,000,000円を借り入れ、当座預金に入金した。
当座預金 8,000,000 借入金 8,000,000
上記の借入金を返済した
上記の借入金のうち80,000円を、利息7,000円とともに当座預金から返済した。
借入金 80,000 当座預金 87,000
利子割引料 7,000    
取引先に資金を貸し付けた
取引先に現金200,000円を貸し付けた。
貸付金 200,000 現金 200,000
上記の貸付金の返済を利息とともに受け取った
貸付金の返済を利息10,000円とともに現金で受け取った。
現金 210,000 貸付金 200,000
    雑収入 10,000
取引先に利息を控除して資金を貸し付けた
取引先に運転資金1,000,000円を利息20,000円を控除して小切手で貸し付けた。
貸付金 1,000,000 当座預金 980,000
    雑収入 20,000
得意先の旅費を立て替えた
得意先の旅費40,000円を立て替えた。
立替金 40,000 現金 40,000
後日、上記の立替金を受け取った
後日、上記の立替金を現金で受け取った。
現金 40,000 立替金 40,000

手形に関する仕訳(個人/一般)

売掛代金を約束手形で回収した
得意先A社の売掛金200,000円を同社振り出しの約束手形で受け取った。
受取手形 200,000 売掛金 200,000
売掛代金を裏書手形で回収した
得意先B社の売掛金300,000円をC社発行、B社裏書きの約束手形で回収した。
受取手形 300,000 売掛金 300,000
取り立てに出し、期日に入金された
受取手形300,000円を取り立てに出し、当座預金に入金された。
当座預金 300,000 受取手形 300,000
受取手形を割り引いた
受取手形500,000円を割引し、割引料10,000円が引かれ当座預金に入金された。
当座預金 490,000 受取手形 500,000
利子割引料 10,000    
商品を注文し、代金の一部を手形で支払った
商品を注文し、代金の一部1,000,000円を手形で支払った。
前払金 1,000,000 支払手形 1,000,000
買掛金を約束手形で支払った
掛で購入した商品200,000円を約束手形で支払った。
買掛金 200,000 支払手形 200,000
上記の手形を決済した
支払手形の期日がきて当座預金から引き落とされた。
支払手形 200,000 当座預金 200,000

資産に関する仕訳(個人/一般)

購入・取得

工場用地を購入した
工場用地2,000,000円を購入し、仲介手数料80,000円とともに小切手で支払った 。
土地 2,080,000 当座預金 2,080,000
上記の土地の所有権移転登記を行った
所有権移転登記を行い、登録免許税50,000円、司法書士への手数料30,000円を現金で支払った。
租税公課 50,000 現金 80,000
支払手数料 30,000    
建物を購入した
建物を5,000,000円で購入し、小切手で支払った。
建物 5,000,000 当座預金 5,000,000
店舗の建築を発注し、手付金を支払った
社屋の建築を発注し、手付金1,000,000円を小切手で支払った。
建物 1,000,000 当座預金 1,000,000
店舗が完成して引渡しを受けた
店舗が完成し建築代金の残金10,000,000円を小切手で支払った。
建物 10,000,000 当座預金 10,000,000
建物建設時に冷暖房装置を取り付けた
建物建設時に冷暖房装置500,000円を取り付けた。代金は今月末に支払う。
建物付属設備 500,000 未払金 500,000
機械を購入した
機械500,000円を掛で購入した。その際、据付費50,000円は小切手で支払った。
機械装置 550,000 未払金 500,000
    当座預金 50,000
機械を購入した(10万円未満)
80,000円の機械を購入し、小切手で支払った。
消耗品費 80,000 当座預金 80,000
機械を分割払いで購入した
機械1,000,000円を10回分割払いで購入し、手形で支払った。分割による利息は100,000円である。
機械装置 1,000,000 支払手形 1,100,000
利子割引料 100,000    
機械を下取りに出し、新しい機械を購入した
期首帳簿残高200,000円の機械を300,000円で下取りしてもらい、1,000,000円の機械を購入した。代金は翌月の月末払いである。
機械装置 1,000,000 未払金 700,000
    機械装置 200,000
    その他特別利益 100,000
機械をリース契約で導入した
機械をリース契約で導入した。契約期間は5年間、月間リース料20,000円。契約時点で第1回のリース料と3ヶ月分のリース料を小切手で支払った。また、前払リース料は最後の3ヶ月分のリース料に充当する。
リース料 20,000 当座預金 80,000
前払金 60,000    
営業車を購入した
営業者1,000,000円を購入し、本日から使用を開始した。代金は翌月に支払う。
車両運搬具 1,000,000 未払金 1,000,000
下取りに出し、新しい車を購入した
車(帳簿価額500,000円)を300,000円で下取りしてもらい、定価1,400,000円の車を1,100,000円で購入した。なお代金は翌月末払いである。
車両運搬具 1,400,000 未払金 1,100,000
その他特別損失 200,000 車両運搬具 500,000
応接セットを購入した
応接セットを300,000円で購入し、配送料金20,000円とともに現金で支払った。
工具器具備品 320,000 現金 320,000
机を購入した(10万未満)
事務用机60,000円を購入し、現金で支払った。
消耗品費 60,000 現金 60,000
10万未満の場合は、「消耗品費」で処理します。

減価償却費の計上

期末に機械装置の減価償却費を計上した(直接法)
期末(3月末)に11月購入の機械装置1,000,000円の減価償却費を定額法で計上した(耐用年数8年、償却率0.125)。
減価償却費 46,875 機械装置 46,875
1,000,000 × 0.9 × 0.125 × 5/12 = 46,875

資産の売却

固定資産を売却した(売却益)
土地の一部(帳簿価額700,000円)を1,000,000円で売却した。不動産の仲介手数料100,000円が差し引かれ当座預金に入金された。
当座預金 900,000 土地 700,000
    その他特別利益 200,000
固定資産を売却した(売却損)
車(帳簿価額500,000円)を300,000円で売却した。代金は現金で受け取った。
現金 300,000 車両運搬具 500,000
その他特別損失 200,000    

経費に関する仕訳(個人/一般)

電気代、ガス代が引き落とされた
普通預金から電気代10,000円、ガス代10,000円が引き落とされた。
水道光熱費 20,000 普通預金 20,000
電話料金が引き落とされた
普通預金から電話料金30,000円が引き落とされた。
通信費 30,000 普通預金 30,000
新聞の購読料を支払った
新聞の購読料5,000円を現金で支払った。
新聞図書費 5,000 現金 5,000
ガソリン代を支払った
ガソリン代4,000円を現金で支払った。
車両維持費 4,000 現金 4,000
家賃を支払った
テナントの家賃100,000円を現金で支払った。
地代家賃 100,000 現金 100,000
月極の駐車場代を支払った
月極駐車場代20,000円を現金で支払った。
地代家賃 20,000 現金 20,000
出張の精算を行った
出張の電車賃10,000円と日当3,000円を現金で支払った。
旅費交通費 13,000 現金 13,000
切手を購入した
切手5,000円を購入し、現金で支払った。
通信費 5,000 現金 5,000
事務用品を購入した
事務用品(ノートやボールペン)5,000円を購入し、現金で支払った。
消耗品費 5,000 現金 5,000
台所用洗剤を購入した
台所用洗剤500円を購入し、現金で支払った。
消耗品費 500 現金 500
事務机を購入した(10万未満)
事務用机60,000円を購入し、現金で支払った。
消耗品費 60,000 現金 60,000
業界誌を購入した
業界誌2,000円を購入し、現金で支払った。
新聞図書費 2,000 現金 2,000
荷物を宅配便で発送した
荷物を宅配便420円で発送した。宅配便の料金は現金で支払った。
荷造運賃 420 現金 420
得意先を夕食に招待した
得意先を夕食に招待して宴会を行い、現金20,000円を支払った。
接待交際費 20,000 現金 20,000
ダイレクトメールを作成した
ダイレクトメールを作成し、作成費用100,000円を現金で支払った。
広告宣伝費 100,000 現金 100,000
店名入りカレンダーを作成した
店名入りカレンダーを作成し、作成費用100,000円を現金で支払った。
広告宣伝費 100,000 現金 100,000
従業員旅行の費用を負担した
従業員5名のうち4名が参加する社員旅行の費用40,000円を全額負担し、現金で支払った。
福利厚生費 40,000 現金 40,000
従業員に夜食を出した
残業している従業員に夜食3,000円を出し、現金で支払った。
福利厚生費 3,000 現金 3,000
制服を作成し、従業員に貸し出した
制服を作成し、作成費用50,000円を小切手で支払った。
福利厚生費 50,000 当座預金 50,000
従業員の定期検診を行った
従業員の定期検診を行い、検診費用30,000円を現金で支払った。
福利厚生費 30,000 現金 30,000
従業員の結婚祝金を贈呈した
従業員の結婚祝金を30,000円支給した。
福利厚生費 30,000 現金 30,000
従業員の実父が死亡し、花輪代と香典を贈った
従業員の実父が死亡し、花輪代10,000円と香典20,000円を贈った。
福利厚生費 30,000 現金 30,000
外注に依頼した加工が終了し納品された
外部に依頼していた加工が終了し、商品が納品された。加工賃100,000円は現金で支払った。
外注工賃 100,000 現金 100,000
コピー機のメンテナンスを行った
コピー機のメンテナンスを行い、メンテナンス料25,000円を現金で支払った。
修繕費 25,000 現金 25,000
機械のメンテナンスを行った
機械のメンテナンスを行い、メンテナンス料10,000円を現金で支払った。
修繕費 10,000 現金 10,000
コピー機をリースで導入した
コピー機を月15,000円、3年契約で導入し、1回目のリース料を現金で支払った。
リース料 15,000 現金 15,000
火災保険を契約した
火災保険を契約し、1年分の保険料240,000円を現金で支払った。
損害保険料 240,000 現金 240,000

決算、申告時に関する仕訳(個人/一般)

棚卸

期末に商品の棚卸を行った
期末に棚卸を行い、商品の在庫が200,000円あった。期首の商品在庫は180,000円あった。
期首商品棚卸高 180,000 商品 180,000
商品 200,000 期末商品棚卸高 200,000
期末に製品の棚卸を行った
期末に棚卸を行い、製品の在庫が200,000円あった。期首の製品在庫は180,000円あった。
期首商品棚卸高 180,000 製品 180,000
製品 200,000 期末商品棚卸高 200,000
期末に半製品と仕掛品の棚卸を行った
期末に棚卸を行い、仕掛品と半製品の在庫が200,000円あった。期首の仕掛品と半製品の在庫は180,000円あった。
期首半製品棚卸高 180,000 半製品 180,000
半製品 200,000 期末半製品棚卸高 200,000

引当金の計上

年度末に貸倒引当金を計上した
年度末に貸倒引当金55,000円を計上した。
貸倒引当金繰入額 55,000 貸倒引当金 55,000
年度末に前期に計上した貸倒引当金を戻し入れた
年度末に前期に計上した貸倒引当金300,000円を戻し入れた。
貸倒引当金 300,000 貸倒引当金繰戻額 300,000

減価償却費の計上

期末に機械装置の減価償却費を計上した(直接法)
期末(3月末)に11月購入の機械装置1,000,000円の減価償却費を定額法で計上した(耐用年数8年、償却率0.125)。
減価償却費 46,875 機械装置 46,875
1,000,000 × 0.9 × 0.125 × 5/12 = 46,875

消費税

消費税を納付した
消費税の確定申告書の提出時に現金80,000円を納付した。仮払消費税は300,000円、仮受消費税は380,000円、課税売上割合は95%である。

税込経理の場合

租税公課 80,000 仮払消費税 80,000

税抜経理の場合

仮受消費税 380,000 仮払消費税 300,000
    現金 80,000

その他

期末に現金の超過額がある
期末に現金の超過額2,000円があった。
現金 2,000 雑収入 2,000

現金(個人/一般)

硬貨や紙幣などの通貨、他社振り出しの小切手、送金小切手、送金為替手形、預金手形、郵便為替証書、配当金領収書、外貨などを処理します。

注意

  • 先日付小切手(実際の振出日よりも小切手上の振出日の方が先の日付の小切手)は、小切手の振出日まで受取手形として処理します。
  • 切手や、はがき、テレホンカードは通信費で処理します。
  • 収入印紙は租税公課で処理します。
  • 高速券や電車の回数券は旅費交通費で処理します。
普通預金から現金を引き出した
普通預金から100,000円引き出し、現金を補充した。
現金 100,000 普通預金 100,000
現金を普通預金に預け入れた
現金100,000円を普通預金に預け入れた。
普通預金 100,000 現金 100,000
切手と収入印紙を現金で購入した
切手5,000円と収入印紙10,000円を現金で購入した。
通信費 5,000 現金 15,000
租税公課 10,000    
出張の精算を行った
出張の電車賃10,000円と日当3,000円を現金で支払った。
旅費交通費 13,000 現金 13,000
商品を現金で販売した
商品10,000円を現金で販売した。
現金 10,000 売上 10,000
現金の過不足があった
決算時に帳簿残高と現金有高を照合したら、現金が2,000円不足していた。
雑費 2,000 現金 2,000

当座預金(個人/一般)

金融機関との当座取引契約に基づく預金で、小切手を振り出して支払う無利息の預金のことです。

普通預金から当座預金へ振り替えた
普通預金から当座預金へ50,000円を振り替えた。
当座預金 50,000 普通預金 50,000
所有しているA社振り出しの小切手を当座預金へ預け入れた
所有しているA社振り出しの小切手50,000円を当座預金へ預け入れた。
当座預金 50,000 普通預金 50,000
現金売上の代金を銀行へ預けた
現金売上の代金50,000円をそのまま当座預金に預けた。
当座預金 50,000 売上 50,000
銀行へそのまま預けれた場合、現金勘定で処理する必要はありません。
商品を仕入れ、小切手を振り出して支払った
B社から商品70,000円を仕入れ、小切手を振り出して支払った。
仕入金額 70,000 当座預金 70,000

普通預金(個人/一般)

一般的に使用される預金口座のことです。

普通預金から現金を引き出した
普通預金から現金30,000円を引き出し、現金を補充した。
現金 30,000 普通預金 30,000
現金を普通預金に預け入れた
現金100,000円を普通預金に預け入れた。
普通預金 100,000 現金 100,000
普通預金に利息が付いた
事業名義の普通預金に利息4,000円が入金された。なお、利息のうち20%は源泉所得税として控除されている。
普通預金 4,000 事業主借 4,000
電話料金が引き落とされた
普通預金から電話料金30,000円が引き落とされた。
通信費 30,000 普通預金 30,000
電気代、ガス代が引き落とされた
普通預金から電気代10,000円、ガス代10,000円が引き落とされた。
水道光熱費 20,000 普通預金 20,000

定期預金(個人/一般・不動産)

金融機関との定期預金契約に基づく預金のことです。

普通預金を定期預金に振り替えた
普通預金1,000,000円を定期預金に振り替えた。
定期預金 1,000,000 普通預金 1,000,000
現金を定期預金に預け入れた
現金500,000円を定期預金に預け入れた。
定期預金 500,000 現金 500,000
定期預金が満期になった
定期預金500,000円が満期となり、利息15,000円(源泉所得税20%控除済み)とともに、当座預金に入金した。
当座預金 515,000 定期預金 500,000
    事業主借 15,000

受取手形(個人/一般)

通常の営業取引により受け取った約束手形や為替手形などの手形債権のことです。たとえば、商品の売上代金や売掛金を手形で受け取った場合や、先日付小切手を受け取った場合に使用します。

売掛代金を約束手形で回収した
得意先A社の売掛金200,000円を同社振り出しの約束手形で受け取った。
受取手形 200,000 売掛金 200,000
売掛代金を裏書手形で回収した
得意先B社の売掛金300,000円をC社発行、B社裏書きの約束手形で回収した。
受取手形 300,000 売掛金 300,000
取り立てに出し、期日に入金された
受取手形300,000円を取り立てに出し、当座預金に入金された。
当座預金 300,000 受取手形 300,000
受取手形を割り引いた
受取手形500,000円を割引し、割引料10,000円が引かれ当座預金に入金された。
当座預金 490,000 受取手形 500,000
支払利息・割引 10,000    

売掛金(個人/一般)

商品や製品の掛売上による売上代金の未入金など、営業上の債権のことです。

商品を掛で売り上げた
商品30,000円を掛で売り上げた。
売掛金 30,000 売上 30,000
返品を受け、着払運賃を支払った
商品5,000円の返品を受け、着払運賃1,000円を現金で支払った。
売上 5,000 売掛金 5,000
荷造運賃 1,000 現金 1,000
売掛金が入金された
売掛金100,000円が振込手数料400円差し引かれ、当座預金に入金された。
当座預金 99,600 売掛金 100,000
支払手数料 400    
売掛金が貸倒れになった
B社の売掛金150,000円が貸倒れになった。
貸倒金 150,000 売掛金 150,000

有価証券(個人/一般・不動産)

株券、国債、地方債、社債などの証券のことです。

注意

  • 小切手は現金、手形は受取手形で処理します。
有価証券を購入した
国債100,000円を購入し、手数料3,000円とともに現金で支払った。
有価証券 103,000 現金 103,000

前払金(個人/一般)

商品や原材料の仕入れなどに際して、代金の一部または全額を前払いした場合に使用します。

商品を注文し、代金の一部を支払った
商品を注文し、代金の一部100,000円を小切手で支払った。
前払金 100,000 当座預金 100,000
上記の注文した商品を受け取り、残りの代金は掛とした
注文した商品500,000円を受け取り、残りの代金は掛とした。
仕入金額 500,000 前払金 100,000
    買掛金 400,000

貸付金(個人/一般)

得意先や仕入先、従業員、役員に対する貸付金を処理します。

取引先に現金を貸し付けた
取引先に現金200,000円を貸し付けた。
貸付金 200,000 現金 200,000
上記の貸付金の返済を利息とともに受け取った
貸付金の返済を利息10,000円とともに現金で受け取った。
現金 210,000 貸付金 200,000
    雑収入 10,000
取引先に利息を控除して資金を貸し付けた
取引先に運転資金1,000,000円を利息20,000円を控除して小切手で貸し付けた。
貸付金 1,000,000 当座預金 980,000
    雑収入 20,000

立替金(個人/一般・不動産)

取引先や従業員などに対して一時的に金銭の立替払いをした場合や、従業員が支払う社会保険料を立て替えた場合に使用します。

得意先の旅費を立て替えた
得意先の旅費40,000円を立て替えた。
立替金 40,000 現金 40,000
後日、上記の立替金を受け取った
後日、上記の立替金を現金で受け取った。
現金 40,000 立替金 40,000

未収金(個人/一般)

固定資産や有価証券の売却など、本来の営業取引以外の取引から生じた債権のことです。

建物を売却した
建物(帳簿価額4,500,000円)を4,000,000円で売却した。売却代金は月末に受け取る。
未収金 4,000,000 建物 4,500,000
その他特別損失 500,000    
上記の代金が当座預金に振り込まれた
上記の代金4,000,000円が当座預金に振り込まれた。
当座預金 4,000,000 未収金 4,000,000

商品(個人/一般)

期末に棚卸を行い商品の有高の計上に使用します。商品とは、販売業を営む個人事業者が販売を目的として外部から買い入れた物品をいい、その個人事業者の営業目的にかかわるものです。

期末に商品の棚卸を行った
期末に棚卸を行い、商品の在庫が200,000円あった。期首の商品在庫は180,000円あった。
期首商品棚卸高 180,000 商品 180,000
商品 200,000 期末商品棚卸高 200,000

製品(個人/一般)

期末に棚卸を行い製品の有高の計上に使用します。製品とは、工業(製造業)を営む個人事業者が販売することを目的として自ら製造した物品のことです

期末に製品の棚卸を行った
期末に棚卸を行い、製品の在庫が200,000円あった。期首の製品在庫は180,000円あった。
期首製品棚卸高 180,000 製品 180,000
製品 200,000 期末製品棚卸高 200,000

原材料(個人/一般)

期末に棚卸を行い原材料の有高の計上に使用します。原材料とは、製品の製造を目的として外部から買い入れた物品で、まだ消費されていないものをいいます。

期末に原材料の棚卸を行った
期末に棚卸を行い、原材料の在庫が200,000円あった。期首の原材料の在庫は180,000円あった。
期首原材料棚卸高 180,000 原材料 180,000
原材料 200,000 期末原材料棚卸高 200,000

半製品(個人/一般)

期末に棚卸を行い半製品や仕掛品の有高の計上に使用します。半製品とは製品の製造途中だが、そのまま販売できるものをいいます。仕掛品とは製品の製造のため仕掛中のものをいいます。

期末に半製品と仕掛品の棚卸を行った
期末に棚卸を行い、仕掛品と半製品の在庫が200,000円あった。期首の仕掛品と半製品の在庫は180,000円あった。
期首半製品棚卸高 180,000 半製品 180,000
半製品 200,000 期末半製品棚卸高 200,000

仮払消費税(個人/一般)

消費税の課税事業者のうち、税抜で記帳している場合に使用する科目です。期末に仮払消費税と仮受消費税との差額を申告、納付します。

商品を掛で仕入れた(別記入力の場合)
商品80,000円を掛で仕入れた。
仕入金額 80,000 買掛金 84,000
仮払消費税 4,000    
消費税を納付した
消費税の確定申告書の提出時に現金80,000円を納付した。仮払消費税は300,000円、仮受消費税は380,000円、課税売上割合は95%である。

 

税込経理の場合

租税公課 80,000 仮払消費税 80,000

税抜経理の場合

仮受消費税 380,000 仮払消費税 300,000
    現金 80,000

建物(個人/一般)

店舗や事務所、倉庫、工場、車庫などの建物のことです。

ヒント

  • 建物に付属する電気設備や給排水設備、自動ドア設備、冷暖房設備などは建物附属設備で処理することもできます。
建物を購入した
建物を5,000,000円で購入し、小切手で支払った。
建物 5,000,000 当座預金 5,000,000
店舗の建築を発注し、手付金を支払った
店舗の建築を発注し、手付金1,000,000円を小切手で支払った。
建物 1,000,000 当座預金 1,000,000
店舗が完成して引渡しを受けた
店舗が完成し建築代金の残金10,000,000円を小切手で支払った。
建物 10,000,000 当座預金 10,000,000
建物を売却した
建物(帳簿価額3,000,000円)を3,200,000円で売却し、小切手で受け取った。
現金 3,200,000 建物 3,000,000
    その他特別利益 200,000

建物附属設備(個人/一般)

建物附属設備(電気設備や給排水設備、冷暖房装置、自動ドアなど)のことです。

ヒント

  • 建物附属設備は、建物で処理することもできます。
建物建設時に冷暖房装置を取り付けた
建物建設時に冷暖房装置500,000円を取り付けた。代金は今月末に支払う。
建物付属設備 500,000 未払金 500,000
建物附属設備を売却した
建物附属設備(帳簿価額300,000円)を350,000円で売却した。なお代金は翌月末払いの予定である。
未収金 350,000 建物附属設備 300,000
    その他特別利益 50,000

機械装置(個人/一般)

機械や装置、これらに付属するベルトコンベヤーなどの搬送設備その他の設備をいいます。また、機械装置には、ブルドーザーやシャベルカーが含まれます。

機械を購入した
機械500,000円を掛で購入した。その際、据付費50,000円は小切手で支払った。
機械装置 550,000 未払金 500,000
    当座預金 50,000
10万円未満の機械を購入した
80,000円の機械を購入し、小切手で支払った。
消耗品費 80,000 当座預金 80,000
機械を分割払いで購入した
機械1,000,000円を10回分割払いで購入し、手形で支払った。分割による利息は100,000円である。
機械装置 1,000,000 支払手形 1,100,000
利子割引料 100,000    
機械を下取りに出し、新しい機械を購入した
期首帳簿残高200,000円の機械を300,000円で下取りしてもらい、1,000,000円の機械を購入した。代金は翌月の月末払いである。
機械装置 1,000,000 未払金 700,000
    機械装置 200,000
    その他特別利益 100,000
機械のメンテナンスを行った
機械のメンテナンスを行い、メンテナンス料10,000円を現金で支払った。
修繕費 10,000 現金 10,000
機械をリース契約で導入した
機械をリース契約で導入した。契約期間は5年間、月間リース料20,000円。契約時点で第1回のリース料と3ヶ月分のリース料を小切手で支払った。また、前払リース料は最後の3ヶ月分のリース料に充当する。
リース料 20,000 当座預金 80,000
前払金 60,000    
機械を売却した
機械(帳簿価額300,000円)を350,000円で売却した。なお代金は翌月末払いの予定である。
未収金 350,000 機械装置 300,000
    その他特別利益 50,000

車両運搬具(個人/一般)

乗用車やトラック、オートバイ、フォークリフトなどの陸上運搬車両のことです。また、カーエアコンやカーステレオなども車両運搬具に含まれます。

注意

  • ブルドーザーやシャベルカーなどは機械装置で処理します。
営業車を購入した
営業者1,000,000円を購入し、本日から使用を開始した。代金は翌月に支払う。
車両運搬具 1,000,000 未払金 1,000,000
下取りに出し、新しい車を購入した
車(帳簿価額500,000円)を300,000円で下取りしてもらい、定価1,400,000円の車を1,100,000円で購入した。なお代金は翌月末払いである。
車両運搬具 1,400,000 未払金 1,100,000
その他特別損失 200,000 車両運搬具 500,000
車を売却した
車(帳簿価額500,000円)を300,000円で売却した。代金は現金で受け取った。
現金 300,000 車両運搬具 500,000
その他特別損失 200,000    

工具器具備品(個人/一般)

工具や応接セット、机、コピー機、ファックス、パソコン、電気冷蔵庫などの器具および備品をいいます。

注意

  • 取得価額が10万円未満の場合は、消耗品費で処理します。
応接セットを購入した
応接セットを300,000円で購入し、配送料金20,000円とともに現金で支払った。
工具器具備品 320,000 現金 320,000
机を購入した(10万未満)
事務用机60,000円を購入し、現金で支払った。
消耗品費 60,000 現金 60,000
10万未満の場合は、「消耗品費」で処理します。
コピー機をリースで導入した
コピー機を月15,000円、3年契約で導入し、1回目のリース料を現金で支払った。
リース料 15,000 現金 15,000
工具器具備品を売却した
工具器具備品(帳簿価額150,000円)を160,000円で売却した。なお代金は翌月末払いの予定である。
未収金 160,000 工具器具備品 150,000
    その他特別利益 10,000

土地(個人/一般)

店舗や事務所などの敷地、資材置場や駐車場、運動場などの土地のことです。

注意

  • 土地には取得時にかかった整地費用や仲介手数料が含まれます。
工場用地を購入した
工場用地2,000,000円を購入し、仲介手数料80,000円とともに小切手で支払った。
土地 2,080,000 当座預金 2,080,000
上記の土地の所有権移転登記を行った
所有権移転登記を行い、登録免許税50,000円、司法書士への手数料30,000円を現金で支払った。
租税公課 50,000 現金 80,000
支払手数料 30,000    
土地の一部を売却した
土地の一部(帳簿価額700,000円)を1,000,000円で売却した。不動産の仲介手数料100,000円が差し引かれ当座預金に入金された。
当座預金 900,000 土地 700,000
    その他特別利益 200,000

事業主貸(個人/一般)

事業資金を個人へ貸し付けた場合に使用します。

注意

  • 年度末に事業主借と共に、元入金へ振替処理を行います。
事業主が事業用の資金を個人で使用するため借りた
事業主が事業用の資金100,000円を個人で使用するため借りた。
事業主貸 100,000 現金 100,000
商品を家族で使用した
商品(販売価額5,000円、取得価額2,000円)を家族で使用した。(5,000×70%=3,500円)
事業主貸 3,500 家事消費 3,500
自家消費、贈与の場合の価額は、その棚卸資産の取得価額以上で、通常の販売価額の70%以上の金額にします。

支払手形(個人/一般)

通常の営業取引により振り出した約束手形や引き受けた為替手形などの手形債務のことです。たとえば、商品の仕入代金や買掛金の支払いのために受取手形を振り出した場合に使用します。

買掛金を約束手形で支払った
掛で購入した商品200,000円を約束手形で支払った。
買掛金 200,000 支払手形 200,000
上記の手形を決済した
支払手形の期日がきて当座預金から引き落とされた。
支払手形 200,000 当座預金 200,000

買掛金(個人/一般)

商品や原材料の掛仕入による仕入代金の未払金など、本来の営業取引に基づいて発生した債務をいいます。

商品を掛で仕入れた
商品150,000円を掛で仕入れた。
仕入金額 100,000 買掛金 100,000
商品を掛で仕入れ、引取運賃は現金で支払った
商品200,000円を掛で仕入れ、引取運賃2,000円は現金で支払った。
仕入金額 202,000 買掛金 200,000
    現金 2,000
仕入れた商品の一部が品違いのため返品した
仕入れた商品のうち30,000円が品違いであったため返品した。また、その際先方負担の返送料1,000円を現金で支払った。
買掛金 31,000 仕入金額 30,000
    現金 1,000
掛代金を銀行振込で支払った
商品の掛代金100,000円を当座預金から支払った。なお、振込手数料400円は相手先負担である。
買掛金 100,000 当座預金 100,000

借入金(個人/一般)

銀行や取引先、親会社などからの借入金のことをいいます。

銀行から資金を借り入れた
銀行から1,000,000円を借り入れ、当座預金に入金した。なお返済は半年後の予定である。
当座預金 1,000,000 借入金 1,000,000
上記の借入金を返済した
上記の借入金のうち100,000円を、利息7,000円とともに当座預金から返済した。
借入金 100,000 当座預金 107,000
利子割引料 7,000    
賞与資金を借り入れた
賞与資金として3,000,000円を借り入れ、利息50,000円が差し引かれ、当座預金に入金された。なお、同額面の90日の手形を差し入れた。
当座預金 2,950,000 借入金 3,000,000
利子割引料 50,000    
上記の借入金のうち一部を返済した
上記の借入金のうち、800,000円を返済した。その際、利息8,000円が戻り、当座預金に入金された。
借入金 800,000 当座預金 800,000
当座預金 8,000 利子割引料 8,000

未払金(個人/一般)

固定資産や有価証券の購入など本来の営業取引以外の取引から生じる債務をいいます。

自動車を購入し、頭金を支払い、残額は翌月払いとした
自動車950,000円を購入し、頭金200,000円を現金で支払い、残額は翌月払いとした。
車両運搬具 950,000 現金 200,000
    未払金 750,000
機械を掛で購入した
機械500,000円を掛で購入した。その際、据付費50,000円は小切手で支払った。
機械装置 550,000 未払金 500,000
    当座預金 50,000

前受金(個人/一般)

商品や製品などの売上などに際して、代金の一部または全額を事前に受け取った場合に使用します。

商品の販売にあたり、手付金を受け取った
商品300,000円の販売にあたり、手付金100,000円を現金で受け取った。
現金 100,000 前受金 100,000
上記の商品を販売した
上記の商品300,000円を掛で販売した。
売掛金 200,000 売上 300,000
前受金 100,000    

預り金(個人/一般・不動産)

従業員から給与支払に際して預かった源泉所得税や社会保険料、取引先から一時的に預かった金額をいいます。

従業員に給与を支給した
従業員の給与500,000円を所得税50,000円、雇用保険料10,000円を控除して当座預金から支払った。
給料賃金 500,000 普通預金 440,000
    預り金(所得税) 50,000
    預り金(雇用保険) 10,000
従業員に賞与を支払った
従業員に賞与500,000円を預り金50,000円を控除して当座預金から支払った。
給料賃金 500,000 当座預金 450,000
    預り金 50,000
源泉所得税を納付した
従業員の給料の源泉所得税の預り金100,000円を現金で納付した。
預り金 100,000 現金 100,000

貸倒引当金(個人/一般)

売掛金や受取手形、貸付金などの債権の貸倒れに備え、期末にこれらの債権の貸倒れの見積額を費用計上した場合に使用します。

年度末に貸倒引当金を計上した
年度末に貸倒引当金55,000円を計上した。
貸倒引当金繰入額 55,000 貸倒引当金 55,000
年度末に前期に計上した貸倒引当金を戻し入れた
年度末に前期に計上した貸倒引当金300,000円を戻し入れた。
貸倒引当金 300,000 貸倒引当金繰戻額 300,000

仮受消費税(個人/一般)

消費税の課税事業者のうち、税抜で記帳している場合に使用する科目です。期末に仮払消費税と仮受消費税との差額を申告、納付します。

商品を掛で売上げた(別記入力の場合)
商品80,000円を掛で売り上げた。
売掛金 84,000 売上高 80,000
    仮受消費税 4,000
消費税を納付した
消費税の確定申告書の提出時に現金80,000円を納付した。仮払消費税は300,000円、仮受消費税は380,000円、課税売上割合は95%である。

税込経理の場合

租税公課 80,000 仮払消費税 80,000

税抜経理の場合

仮受消費税 380,000 仮払消費税 300,000
    現金 80,000

事業主借(個人/一般・不動産)

事業資金として個人から借り入れた場合に使用します。

注意

  • 年度末に事業主貸と共に、元入金へ振替処理を行います。
事業資金に事業主が出資した
事業資金のために事業主が500,000円出資した。
現金 500,000 事業主借 500,000
普通預金に利息が付いた
事業名義の普通預金に利息4,000円が入金された。なお、利息のうち20%は源泉所得税として控除されている。
普通預金 4,000 事業主借 4,000
定期預金が満期になった
定期預金500,000円が満期となり、利息15,000円(源泉所得税20%控除済み)とともに、当座預金に入金した。
当座預金 515,000 定期預金 500,000
    事業主借 15,000

元入金(個人/一般・不動産)

資産合計から負債合計を差し引いた金額をいい、事業者からの出資金額になります。

新年度更新時に自動的に「事業主貸」と「事業主借」、「青色申告控除前所得」から元入金を算出するため、仕訳例はありません。

青色申告控除前所得(個人/一般・不動産)

青色申告控除前の所得金額が表示されます。

この科目はシステム内部で自動計算されるため、仕訳を入力することはできません。

売上(個人/一般)

商品や製品の販売、サービスの提供など、会社の主たる営業活動によって獲得した収益をいいます。

商品を現金で売り上げた
商品5,000円を現金で売り上げた。
現金 5,000 売上 5,000
商品を掛で売り上げた
商品30,000円を掛で売り上げた。
売掛金 30,000 売上 30,000
商品の販売にあたり、手付金を受け取った
商品300,000円の販売にあたり、手付金100,000円を現金で受け取った。
現金 100,000 前受金 100,000
上記の商品を販売した
上記の商品300,000円を掛で販売した。
売掛金 200,000 売上 300,000
前受金 100,000    
返品を受け、着払運賃を支払った
商品5,000円の返品を受け、着払運賃1,000円を現金で支払った。
売上 5,000 売掛金 5,000
荷造運賃 1,000 現金 1,000

家事消費(個人/一般)

商品などの棚卸資産を自家消費または、贈与した場合に使用します。

ヒント

  • 自家消費、贈与の場合の価額は、その棚卸資産の取得価額以上で、通常の販売価額の70%以上の金額にします。
商品を家族で使用した
商品(販売価額5,000円、取得価額2,000円)を家族で使用した。
事業主貸 3,500 家事消費 3,500
5,000×70%=3,500円

雑収入(個人/一般)

科目的にも金銭的にも重要性の乏しい多数の項目を処理するために使用します。

作業くずを売却した
作業くずを10,000円で売却し、代金を現金で受け取った。
現金 10,000 雑収入 10,000
期末に現金の超過額がある
期末に現金の超過額2,000円があった。
現金 2,000 雑収入 2,000

期首商品棚卸高(個人/一般)

前期から繰り越された商品をいいます。損益計算書で売上原価の計算に使用します。

期末に棚卸を行った
期末に棚卸を行い、商品の在庫が200,000円あった。期首の商品在庫は180,000円あった。
期首商品棚卸高 180,000 商品 180,000
商品 200,000 期末商品棚卸高 200,000

期首製品棚卸高(個人/一般)

前期から繰り越された製品をいいます。損益計算書で売上原価の計算に使用します。

期末に棚卸を行った
期末に棚卸を行い、製品の在庫が200,000円あった。期首の製品在庫は180,000円あった。
期首製品棚卸高 180,000 製品 180,000
製品 200,000 期末製品棚卸高 200,000

仕入金額(個人/一般)

商品の仕入など、主たる営業活動によって発生した費用をいいます。

商品を現金で仕入れた
商品100,000円を現金で仕入れた。
仕入金額 100,000 現金 100,000
商品を掛で仕入れた
商品150,000円を掛で仕入れた。
仕入金額 150,000 買掛金 150,000
商品を掛で仕入れ、引取運賃は現金で支払った
商品200,000円を掛で仕入れ、引取運賃2,000円は現金で支払った。
仕入金額 202,000 買掛金 200,000
    現金 2,000
仕入れた商品の一部が品違いのため返品した
仕入れた商品のうち30,000円が品違いであったため返品した。また、その際先方負担の返送料1,000円を現金で支払った。
買掛金 31,000 仕入金額 30,000
    現金 1,000
商品を注文し、代金の一部を支払った
商品を注文し、代金の一部1,000,000円を手形で支払った。
前払金 1,000,000 支払手形 1,000,000
上記の商品を受け入れ、残額を支払った
商品2,000,000円を受け入れ、残額1,000,000円を支払手形で支払った。
仕入金額 2,000,000 前払金 1,000,000
    支払手形 1,000,000

製造原価(個人/一般)

製造原価報告書の「製品製造原価」が表示されます。

この科目はシステムで使用するため、仕訳例はありません。

期末商品棚卸高(個人/一般)

期末に商品の棚卸残高の計上に使用します。損益計算書で売上原価の控除科目となります。

期末に棚卸を行った
期末に棚卸を行い、商品の在庫が200,000円あった。期首の商品在庫は180,000円あった。
期首商品棚卸高 180,000 商品 180,000
商品 200,000 期末商品棚卸高 200,000

期末製品棚卸高(個人/一般)

期末に製品の棚卸残高の計上に使用します。損益計算書で売上原価の控除科目となります。

期末に棚卸を行った
期末に棚卸を行い、製品の在庫が200,000円あった。期首の製品在庫は180,000円あった。
期首製品棚卸高 180,000 製品 180,000
製品 200,000 期末製品棚卸高 200,000

広告宣伝費(個人/一般)

不特定多数の人を対象として行う商品や製品の広告、求人広告、会社や店の広告などのために支出する費用をいいます。

求人広告の掲載料を支払った
求人広告の掲載料100,000円を現金で支払った。
広告宣伝費 100,000 現金 100,000
ダイレクトメールを作成した
ダイレクトメールを作成し、作成費用100,000円を現金で支払った。
広告宣伝費 100,000 現金 100,000
社名(店名)入りカレンダーを作成した
社名(店名)入りカレンダーを作成し、作成費用100,000円を現金で支払った。
広告宣伝費 100,000 現金 100,000

荷造運賃(個人/一般)

商品や製品を荷造りし発送するために要した費用をいいます。

荷物を宅配便で発送した
荷物を宅配便420円で発送した。宅配便の料金は現金で支払った。
荷造運賃 420 現金 420
商品を掛で売上げ、宅配便で発送した
商品30,000円を掛で売上げ、宅配便420円で発送した。宅配便の料金は現金で支払った。
売掛金 30,000 売上 30,000
荷造運賃 420 現金 420
返品を受け、着払運賃を支払った
商品5,000円の返品を受け、着払運賃1,000円を現金で支払った。
売上 5,000 売掛金 5,000
荷造運賃 1,000 現金 1,000

給料賃金(個人/一般)

従業員に対して支払う給料、賃金および手当をいいます。手当には残業手当、住宅手当、役職手当などがあります。

従業員に給与を支給した
従業員の給与500,000円を所得税50,000円、雇用保険料10,000円控除して普通預金から支払った。
給料賃金 500,000 普通預金 440,000
    預り金(所得税) 50,000
    預り金(雇用保険) 10,000
従業員に賞与を支払った
従業員に賞与500,000円を預り金50,000円を控除して普通預金から支払った。
給料賃金 500,000 普通預金 450,000
    預り金 50,000
日給のアルバイトに給与を支給した
日給9,000円のアルバイトに給与を支給した。
給料賃金 9,000 現金 9,000
源泉所得税を納付した
従業員の給料の源泉所得税の預り金100,000円を小切手で納付した。
預り金 100,000 当座預金 100,000

福利厚生費(個人/一般・不動産)

従業員の福利厚生のための費用をいいます。

運動用具を購入した
社内で使用する運動用具20,000円を購入し、現金で支払った。
福利厚生費 20,000 現金 20,000
従業員に夜食を出した
残業している従業員に夜食3,000円を出し、現金で支払った。
福利厚生費 3,000 現金 3,000
制服を作成し、従業員に貸し出した
制服を作成し、作成費用50,000円を小切手で支払った。
福利厚生費 50,000 当座預金 50,000
従業員の結婚祝金を贈呈した
従業員の結婚祝金を30,000円支給した。
福利厚生費 30,000 現金 30,000
従業員の実父が死亡し、花輪代と香典を贈った
従業員の実父が死亡し、花輪代10,000円と香典20,000円を贈った。
福利厚生費 30,000 現金 30,000

減価償却費(個人/一般)

減価償却によって、固定資産の取得価額を各年度に配分したものをいいます。

期末に機械装置の減価償却費を計上した(直接法)
期末(3月末)に11月購入の機械装置1,000,000円の減価償却費を定額法で計上した(耐用年数8年、償却率0.125)。
減価償却費 46,875 機械装置 46,875
1,000,000 × 0.9 × 0.125 × 5/12 = 46,875

修繕費(個人/一般)

建物や機械などの有形固定資産の機能を維持、補修するために支出する費用をいいます。たとえば、機械の部品交換代、自動車の点検整備代、OA機器の保守費用などに使用します。

コピー機のメンテナンスを行った
コピー機のメンテナンスを行い、メンテナンス料25,000円を現金で支払った。
修繕費 25,000 現金 25,000
機械のメンテナンスを行った
機械のメンテナンスを行い、メンテナンス料10,000円を現金で支払った。
修繕費 10,000 現金 10,000

消耗品費(個人/一般・不動産)

事務用品や、OA用品、使用可能期間が1年未満または取得価額が10万円未満の工具器具備品、車両運搬具を処理します。たとえば、ノートやボールペン、コピー用紙、FAX用紙、事務机、ロッカー、いす、電球などに使用します。

台所用洗剤を購入した
台所用洗剤500円を購入し、現金で支払った。
消耗品費 500 現金 500
事務机を購入した(10万未満)
事務用机60,000円を購入し、現金で支払った。
消耗品費 60,000 現金 60,000
応接セットを購入した
応接セットを250,000で購入し、配送料金20,000円とともに現金で支払った。
工具器具備品 270,000 現金 270,000
10万円を超える場合は、有形固定資産の「工具器具備品」で処理します。
事務用品を購入した
事務用品(ノートやボールペン)5,000円を購入し、現金で支払った。
消耗品費 5,000 現金 5,000

水道光熱費(個人/一般)

水道代やガス代、電気代、燃料代(灯油など)をいいます。

電気代、ガス代が引き落とされた
普通預金から電気代10,000円、ガス代10,000円が引き落とされた。
水道光熱費 20,000 普通預金 20,000

旅費交通費(個人/一般)

業務遂行のための出張旅費、電車代、タクシー代、バス代などに使用します。

出張の精算を行った
出張の電車賃10,000円と日当3,000円を現金で支払った。
旅費交通費 13,000 現金 13,000

支払手数料(個人/一般)

振込手数料や為替手数料、FB利用料などの各種銀行手数料、カード手数料、代理店手数料などを処理します。

売掛金が入金された
売掛金100,000円が振込手数料400円が差し引かれ当座預金に入金された。
当座預金 99,600 売掛金 100,000
支払手数料 400    

租税公課(個人/一般)

国税や地方税、また、国や地方公共団体からの租税以外の賦課金などをいいます。

切手と収入印紙を購入した
切手8,000円と収入印紙10,000円を現金で購入した。
通信費 8,000 現金 18,000
租税公課 10,000    
固定資産税の第一期納期分を支払った
固定資産税の第一期納期分80,000円を現金で支払った。
租税公課 80,000 現金 80,000
自動車税を支払った
自動車税45,000円を現金で支払った。
租税公課 45,000 現金 45,000

接待交際費(個人/一般・不動産)

取引先など事業に関係がある者に対する接待、贈答などのために支出する費用をいいます。

得意先のパーティに招待され、祝金を支払った
得意先の新社屋完成パーティに招待され、祝い金50,000円を現金で支払った。
接待交際費 50,000 現金 50,000
得意先を夕食に招待した
得意先を夕食に招待して宴会を行い、現金20,000円を支払った。
接待交際費 20,000 現金 20,000
得意先とゴルフのコンペを行った
得意先とゴルフのコンペを行い、現金100,000円を支払った。
接待交際費 100,000 現金 100,000

損害保険料(個人/一般・不動産)

火災保険などの損害保険の保険料のことです。

火災保険を契約した
火災保険を契約し、1年分の保険料240,000円を現金で支払った。
支払保険料 240,000 現金 240,000

通信費(個人/一般)

電話代や切手代、はがき代、郵便切手、パソコン通信などに要した費用をいいます。

電話料金が引き落とされた
普通預金から電話料金30,000円が引き落とされた。
通信費 30,000 普通預金 30,000
切手を購入した
切手5,000円を購入し、現金で支払った。
通信費 5,000 現金 5,000

車両維持費(個人/一般)

自動車にかかる諸経費(ガソリン代やオイル交換代、車検費用など)を処理します。

ガソリン代を支払った
ガソリン代4,000円を現金で支払った。
車両維持費 4,000 現金 4,000

新聞図書費(個人/一般・不動産)

新聞や雑誌、書籍などの購入費用をいいます。

新聞の購読料を支払った
新聞の購読料5,000円を現金で支払った。
新聞図書費 5,000 現金 5,000
業界誌を購入した
業界誌2,000円を購入し、現金で支払った。
新聞図書費 2,000 現金 2,000

外注工賃(個人/一般)

外部に材料などを提供し、加工を依頼した場合に発生した費用をいいます。

外注に依頼した加工が終了し納品された
外部に依頼していた加工が終了し、商品が納品された。加工賃100,000円は現金で支払った。
外注工賃 100,000 現金 100,000

利子割引料(個人/一般)

事業用の借入金の利子、受取手形の割引料などを処理します。

受取手形を割り引いた
受取手形500,000円を割引し、割引料10,000円が引かれ当座預金に入金された。
当座預金 490,000 受取手形 500,000
利子割引料 10,000    
銀行から資金を借り入れた
銀行から1,000,000円を借り入れ、当座預金に入金した。なお返済は半年後の予定である。
当座預金 1,000,000 借入金 1,000,000
上記の借入金を返済した
上記の借入金のうち100,000円を、利息7,000円とともに当座預金から返済した。
借入金 100,000 当座預金 107,000
利子割引料 7,000    
賞与資金を借り入れた
賞与資金として3,000,000円を借り入れ、利息50,000円が差し引かれ、当座預金に入金された。なお、同額面の90日の手形を差し入れた。
当座預金 2,950,000 借入金 3,000,000
利子割引料 50,000    
上記の借入金のうち一部を返済した
上記の借入金のうち、800,000円を返済した。その際、利息8,000円が戻り、当座預金に入金された。
借入金 800,000 当座預金 800,000
当座預金 8,000 利子割引料 8,000

地代家賃(個人/一般)

家賃の支払いや、地代の支払い、月極駐車場など不動産の支払いに使用します。

家賃を支払った
テナントの家賃100,000円を現金で支払った。
地代家賃 100,000 現金 100,000
月極の駐車場代を支払った
月極駐車場代20,000円を現金で支払った。
地代家賃 20,000 現金 20,000

リース料(個人/一般)

機械やコピー機、FAX、パソコンなどのリース料を処理します。

コピー機をリースで導入した
コピー機を月15,000円、3年契約で導入し、1回目のリース料を現金で支払った。
リース料 15,000 現金 15,000
機械をリース契約で導入した
機械をリース契約で導入した。契約期間は5年間、月間リース料20,000円。契約時点で第1回のリース料と3ヶ月分のリース料を小切手で支払った。また、前払リース料は最後の3ヶ月分のリース料に充当する。
リース料 20,000 当座預金 80,000
前払金 60,000    

貸倒金(個人/一般)

売掛金や受取手形、貸付金、未収金、前渡金などの債権の回収不能による損失額をいいます。

売掛金が貸倒れになった
B社の売掛金150,000円が貸倒れになった。
貸倒金 150,000 売掛金 150,000
売掛金が貸倒れになった(貸倒引当金設定済み)
B社の売掛金150,000円が貸倒れになった。B社に対して貸倒引当金50,000円が設定されている。
貸倒金 150,000 売掛金 150,000

雑費(個人/一般)

科目的にも金額的にも重要性が乏しい多数の項目をまとめて処理するために使用します。

生け花を購入した
会社に飾る生け花を1,000円で購入した。
雑費 1,000 現金 1,000

貸倒引当金繰戻額(個人/一般)

前期に設定した貸倒引当金を当期に全額取り崩して収益に計上する場合に使用します。

年度末に前期に計上した貸倒引当金を戻し入れた
年度末に前期に計上した貸倒引当金300,000円を戻し入れた。
貸倒引当金 300,000 貸倒引当金繰戻額 300,000

専従者給与(個人/一般)

生計を一にする配偶者やその他の親族(15才未満除く)に対する給与や賞与を処理します。

注意

  • 専従者給与は、専らその青色事業者の営む事業に従事している必要があります。
  • 事前に支給額などを記載した専従者給与に関する届出書を税務署に提出する必要があります。
専従者給与を支給した
給与300,000円を所得税30,000円控除して現金で支払った(青色専従者のみ)。
専従者給与 300,000 現金 270,000
    預り金(所得税) 30,000

貸倒引当金繰入額(個人/一般)

売掛金や受取手形、貸付金などの債権の貸倒れに備え、期末にこれらの債権の貸倒れの見積額に対する繰入をいいます。

期末にあたり貸倒引当金を計上した
期末にあたり、貸倒引当金55,000円を計上した。
貸倒引当金繰入額 55,000 貸倒引当金 55,000

青色申告控除前所得(個人/一般・不動産)

青色申告控除前の所得金額が表示されます。

この科目はシステム内部で自動計算されるため、仕訳を入力することはできません。

製造原価報告書(個人/一般)

期首原材料棚卸高(製造)(個人/一般)

前期から繰り越された原材料をいいます。

期末に原材料の棚卸を行った
期末に棚卸を行い、原材料の在庫が200,000円あった。期首の原材料の在庫は180,000円あった。
期首原材料棚卸高 180,000 原材料 180,000
原材料 200,000 期末原材料棚卸高 200,000

原材料仕入高(製造)(個人/一般)

原材料の仕入などを処理します。

原材料を現金で仕入れた
原材料100,000円を現金で仕入れた。
原材料仕入高 100,000 現金 100,000
原材料を掛で仕入れた
原材料150,000円を掛で仕入れた。
原材料仕入高 150,000 買掛金 150,000
原材料を掛で仕入れ、引取運賃は現金で支払った
原材料200,000円を掛で仕入れ、引取運賃2,000円は現金で支払った。
原材料仕入高 202,000 買掛金 200,000
    現金 2,000
仕入れた原材料の一部が品違いのため返品した
仕入れた原材料のうち30,000円が品違いであったため返品した。また、その際先方負担の返送料1,000円を現金で支払った。
買掛金 31,000 原材料仕入高 30,000
    現金 1,000
原材料の注文し、代金の一部を支払った
原材料を注文し、代金の一部1,000,000円を手形で支払った。
前渡金 1,000,000 支払手形 1,000,000
上記の原材料を受け入れ、残額を支払った
原材料2,000,000円を受け入れ、残額1,000,000円を支払手形で支払った。
原材料仕入高 2,000,000 前払金 1,000,000
    支払手形 1,000,000

期末原材料棚卸高(製造)(個人/一般)

期末に原材料の棚卸残高の計上に使用します。

期末に原材料の棚卸を行った
期末に棚卸を行い、原材料の在庫が200,000円あった。期首の原材料の在庫は180,000円あった。
期首原材料棚卸高 180,000 原材料 180,000
原材料 200,000 期末原材料棚卸高 200,000

労務費(製造)(個人/一般)

工場従業員に対する給料賃金や賞与、福利厚生を処理します。

工場従業員に給与を支給した
従業員の給与500,000円を所得税50,000円、雇用保険料10,000円控除して普通預金から支払った。
労務費 500,000 普通預金 440,000
    預り金(所得税) 50,000
    預り金(雇用保険) 10,000
工場従業員に賞与を支払った
従業員に賞与500,000円を預り金50,000円を控除して普通預金から支払った。
労務費 500,000 普通預金 450,000
    預り金 50,000
日給のアルバイトに給与を支給した
日給9,000円のアルバイトに給与を支給した。
労務費 9,000 現金 9,000
源泉所得税を納付した
従業員の給料の源泉所得税の預り金100,000円を小切手で納付した。
預り金 100,000 当座預金 100,000
運動用具を購入した
工場で使用する運動用具20,000円を購入し、現金で支払った。
労務費 20,000 現金 20,000
従業員に夜食を出した
残業している従業員に夜食3,000円を出し、現金で支払った。
労務費 3,000 現金 3,000
制服を作成し、従業員に貸し出した
制服を作成し、作成費用50,000円を小切手で支払った。
労務費 50,000 当座預金 50,000

外注工賃(製造)(個人/一般)

外部に材料などを提供し、加工を依頼した場合に発生した費用をいいます。

外注に依頼した加工が終了し納品された
外部に依頼していた加工が終了し、商品が納品された。加工賃100,000円は現金で支払った。
外注工賃 100,000 現金 100,000

電力費(製造)(個人/一般)

工場で使用した電力を処理します。

電力費を支払った
電力費100,000円を小切手で支払った。
電力費 100,000 当座預金 100,000

水道光熱費(製造)(個人/一般)

製造に関連する水道代やガス代、電気代、燃料代(灯油など)を処理します。

電気代、ガス代が引き落とされた
普通預金から電気代10,000円、ガス代10,000円が引き落とされた。
水道光熱費 20,000 普通預金 20,000

減価償却費(製造)(個人/一般)

減価償却によって、固定資産の取得価額を各年度に配分したものをいいます。

期末に機械装置の減価償却費を計上した(直接法)
期末(3月末)に11月購入の機械装置1,000,000円の減価償却費を定額法で計上した(耐用年数8年、償却率0.125)。
減価償却費 46,875 機械装置 46,875
1,000,000 × 0.9 × 0.125 × 5/12 = 46,875

修繕費(製造)(個人/一般)

機械などの有形固定資産の機能を維持、補修するために支出する費用をいいます。たとえば、機械の部品交換代、自動車の点検整備代、OA機器の保守費用などに使用します。

コピー機のメンテナンスを行った
コピー機のメンテナンスを行い、メンテナンス料25,000円を現金で支払った。
修繕費 25,000 現金 25,000
機械のメンテナンスを行った
機械のメンテナンスを行い、メンテナンス料10,000円を現金で支払った。
修繕費 10,000 現金 10,000

雑費(製造)(個人/一般)

科目的にも金額的にも重要性が乏しい多数の項目をまとめて処理するために使用します。

生け花を購入した
会社に飾る生け花を1,000円で購入した。
雑費 1,000 現金 1,000

期首半製品棚卸高(製造)(個人/一般)

前期から繰り越された半製品や仕掛品をいいます。

期末に棚卸を行った
期末に棚卸を行い、半製品と仕掛品の在庫が200,000円あった。期首の半製品と仕掛品の在庫は180,000円あった。
期首半製品棚卸高 180,000 半製品 180,000
半製品 200,000 期末半製品棚卸高 200,000

期末半製品棚卸高(製造)(個人/一般)

期末に半製品や仕掛品の棚卸残高の計上に使用します。

期末に棚卸を行った
期末に棚卸を行い、半製品と仕掛品の在庫が200,000円あった。期首の半製品と仕掛品の在庫は180,000円あった。
期首半製品棚卸高 180,000 半製品 180,000
半製品 200,000 期末半製品棚卸高 200,000
ページTOP

©2006- MIROKU JYOHO SERVICE CO., LTD. All rights reserved.